第96回企画展「清河八郎展 -潜中紀事から見る改革への道-」

 

今回の企画展は、文久元年(1861)5月20日、幕府の謀略による無礼人斬りによって全国氏名の捕われの身となった八郎が、逃亡・潜行しながらも攘夷討幕の同志を求めて全国遊説した時の記録「潜中紀事」、「潜中始末」から改革を目指す清河八郎の思想行動を紹介します。

 

亀ノ尾の里資料館 第96回企画展ポスター

 

併せて下記によりギャラリートークを開催します。

          記

1 日 時 令和4年1月20日(木) 午後1時30分~

2 場 所 庄内町亀ノ尾の里資料館展示室

3 講 師 公益財団法人清河八郎記念館館長 廣田 幸記 氏

4 受講料 資料代 200円

5 その他 新型コロナウイルス感染症の拡大状況により中止となる場合がありますので

      電話でお申し込み下さい。(先着20名まで)

 

■お申込み、お問合せ/和合の里を創る会事務局(余目第四公民館内) ℡44-2162

 

【入館の際のお願い】

新型コロナウイルス感染予防のため次の点にご協力をお願いします。

・手指の消毒とマスクの着用

・展示物には手を触れないでご鑑賞ください。

お知らせ一覧